住職のブログ

「つもり人間」の皆様へ…

都会に住みながら日常生活で「人間劣化の加速」を感じる。

 

 

ここのところコンビニのトイレの注意書きが増えてきた。

 

 

 

「前の方が終わるまでお待ち下さい」

 

 

「小便をする時は便座を上げて下さい」

 

 

等々…

 

 

 

ここは、

 

 

「幼稚園?」

 

 

なんて感じる事も有るが…

 

 

こんな基本的な事が解らない何人もの人間がトラブルを起こしたのだろうと推察する事になる。

 
日本国内では一時的に経済的に豊かな状態となり、平行して核家族化し両親だけで子育てをする状態が続い訳だが…はっきり言ってしまえば、

 
「大失敗❗️」
をやってきたと思っている。

 

 

 

核家族家庭において両親二人だけの価値観を入れ込みながらの子育て人間形成は無理だったのだ。

 

 

誰しも自分の知る事以上は自分の子供も含め人に教える事は不可能と知るべきなのだが、「知ってるつもり…」「出来ているつもり…」の「つもり人間」が多すぎる。

 

 

子供が出来ただけの事で「親になったつもり」で「つもり」の子育てをしたのだ。但、世の中の流れがそれがフツーで有ったから間違いとも言い切れないが…

 

 

「親になったつもり」子育てをした結果…更に質の悪い「つもり人間」が発生した。

 

 

 

 

「つもり人間」に何かを頼んでやって貰ったところで、実際は何も出来ない事例を数々観てきた自分からすれば…

 

 
次元の低い「つもり人間」に何かを習ったところで何も身に付かないし、「つもり人間」に教えられた人間の質はさらに劣化する。

 

 

と断言する。

 
僅か数十年…二世代くらいの「つもり人間」の価値観が継承されただけで高速道路で他人の車を停める様な歪んだ人間が出来上がる。

 
行き着くところまで行かないと人間は気づけない生きモノかとも思うが…

 

 
世の中の「これがフツー」という訳の解らない安心感?に包まれて時代は流れている。

-住職のブログ

© 2020 宗教法人 来慶山 忠暘院