「凄く」も「怖く」も無いよ…

それほどテレビなどのニュースを観ることの無い生活を営んでいる…

 

 

別に関心が無い訳では無く、情報多寡の時代無意識でも必要な情報は人を介して入ってくる。

 

 

ここのところ「北朝鮮のミサイル」の話が入ってくるが、当たって死ぬのも自分に定められた運命くらいと思っているので別に大した事でも無いのだが…

 

 

 

多分、北朝鮮の国営放送で何時もの女性の方が、勇ましい語り口で放送をされていると思う。

 

 
当の本人達は、

 

 

「凄いだろう❗️」

 

 

「怖いだろう❗️」

 

 

と真剣に思っているかもしれないが…

 

 

自分の中に芽生える感覚は、

 

 

「凄い」でも無く…

 

 

「怖い」でも無く…

 

 

一言、

 

 

「可哀想…」

 

 

だけで有る。

 

 
可哀想な方が指導者として君臨し…可哀想な民を創り出す。

 

最近の感想を訊かれたならば…

 

 

 

「あなた方は可哀想としかうつらない」

 

 

とだけお伝えしたい…

タイトルとURLをコピーしました