住職のブログ

イノベーションなんてモノは…

生きていく上で人間おのおの各人、その人間なりの能力を身につけていく。

眺めているとその身につけている自分の能力に気がついていない方々が大多数を占める事に気がつくことが多い。

現在、自分がしていることは、個で存在する自分と繋がる方々の持つ能力を繋ぎ、+αにして他者の役に立つことを創作することなのだ。

よく「0を1にする能力…」なんて言うが自分からすれば「0」の状態で存在するモノなど無いのだ。

「0」と「0」ならば、どんなに+−×÷で組み合わせても「0」で有る。

つまり「無いモノは無い」のだ。

存在している事自体が+つまりは「有」でしか無い。

「有」+「有」を単なる2有にするのでは無く、2有+αにすることをイノベーションなんて難しい言葉で語られている世の中で有る…

自分からすれば…大人と呼ばれる様になるとすっかり忘れてしまう「子供の頃の外遊びの延長」でしか無い事を記しておく。

-住職のブログ

© 2020 宗教法人 来慶山 忠暘院