先達から自分の未来を教えて頂く…

山の整備していると通りかかった近所のお婆さんが、

「ご苦労様!昔は身体動いて何でも自分で出来たけど、今は出来る事が少なくなったわ…」
と話しかけられた。
以前ならばそんなモノかと聞き流していたが…今はその言葉から自分の2〜30年後の姿を教えて下さっていると思う様になった。
目の前で具体的な話をして下さる方は尊い存在なのだ。それまでの自分の経験だけでこれから先の未知の状態を知る事は不可能なのだ。先達から学ぶ以外に無い。
教えて下さるお婆さんも、ある日突然年老いた訳では無く、無常の世界を生き…生かされてきたのだ。人生の先達に起こる事は先々自分にも起こる…
身近な事もだが、大きな時間の流れに目をやると、最近世の中を混乱させている出来事でも歴史の中に乗り越えるヒントは数多の如く存在する…
事が起こり混乱しながらも智慧を出し…同じ様な経過を辿りながら人の世は進んできた事が観て取れる。
今回の出来事も人類が続く限り永い歴史の中で同じ様に書き留められるのだろう…
オマケ…先々人類を支配するといわれている流行りのAIとやらは過去のビッグデータを解析して最適解を出すのには長けている様だが…前列の無い未知に対しては無力なんだとふと思った。
お任せするには危ない存在だな…
タイトルとURLをコピーしました