全てに理由がある…

世の中の出来事を自分の立場と置き換えながら眺めるクセが有る。
他人に起こりうる事は、同じ人間で有る以上、自分自身にも起こりうることだからだ。

 

世の中、事業を興し(受け継ぎ)ながら、後任を育てられず、器で無い人間に事業を継承させてしまう方々がおられる。
その人間の器で無いモノを任せられて、努力で受け継いだ時の器以上の人間になる方もおられるが…
殆どは空回りしてポシャる。

 
そんな中には自分のところに諸々相談に来る方もおられるが…

 

手を貸せば貸すほど、自助努力をしなくなり、全てが当たり前…「おんぶに抱っこ状態」になる人間が出てくる。

 

事業が傾くのには理由がある。

 

どんな事業も所詮は人間生活の延長でしかない…

 

逆に言えば、モノゴトを扱う人間個人の考え方…

 

つまりはその人間の資質に問題が有るから立ちいかなくなっているのだ。

 
時々、「言っても」「見せても」解らない方に出会うのだが…

 
「自分自身の力を神仏に試されている」

 

そう思って一つ 々 事の解決にあたる事にしている。

タイトルとURLをコピーしました