日々つれづれ…

「人間は現在(いま)現時点の自分自身の次元でしか他を理解する事が出来ない生き物だ」

 
と常々思う。

 

 
どんな事象を観せて頂いても…訊かせて頂いても「解らない人間には解らない」のだ。

 
但、

 

 

「解ったところで全てが幸せになるか?」

 

 

と問われれば「否」で有る。

 

 
現代は知らない事の方が気楽に生きていける世の中で有る。

 

 
自分のキャパ以上のモノを知り(知った気になり)…慢心に振り回されている方よりも、そんな事は知らず望まず謙虚に生きておられる方の方が尊いのかもしれないとも思う。

 

 
現リアル社会での成功とやらは「数字に置き換えられる」訳だが…

 

 

その数字を背負って彼岸に渡った人間なんぞいないのだ。

 

 
数字で表す社会的成功とやらをおさめた方々を送らせて頂いたが…

 

 

火葬後の骨が金ピカで出てきた事など観た事が無い…

 

 
所詮、人間なんぞ「無」から「有」に変化して長くても100年ほどで「無」に戻る事くらいの存在なのかも知れない。

 
只、せっかくならば「有」の間くらい、他の為に役に立つ「有」の存在で在りたいと常々思う…

タイトルとURLをコピーしました