住職のブログ

死んでいる人生を送っている方々へ…

最近、

 

 

「生きているのか死んでいるのか分からない人間が増えている…」

 

 

そんな気がしている。

 

 

先日、人間の自分の記憶に残っている事とは自分自身で考え自分でやった事(時期)と書いたが…

 

 

何度も書くが「自分が生きた証で有る記憶が残っていないという事はその間「死んでいる状態」と同じ事❗️」

 

 

なのだ。

 
時々、人に対して、

 

 

「生きている間も死んだ状態で、お迎えが来てもう一度死ぬ気?」

 

 

なんてキツイ事を言う事が有るが、

 

 

「せっかく人間に生まれてきたのだから、自分のアタマで考え、自身が与えられた全てをフル動員して自分の生きた証で有る記憶に残る生き方をしてもらいたい…(出来るならばその生き方が他者を生かす生き方ならばなお良しで有る)」

 

 

そんな願いを込めている。

 

 
自分自身の最近の出来事を

 

 

「記憶に残っている事…」

 

「残っていない事…」

 

 

に分けてみれば分かり易いと思うが…昨日の出来事ですら曖昧な方が多いと思う。

 

 
もう一度書くが、

 

 

「生きている間も死んでいて、お迎えが来た時更にもう一度死ぬ気ですか?」

 

 
言われて悔しければやってみろ❗️

 

 

で有る。

-住職のブログ

© 2021 宗教法人 来慶山 忠暘院