熱量を持つ人間の側に身を置く…

今朝、時々仕事前に立ち寄るコンビニで70歳近い女性店員の方と初めて会った。

 

 
とにかく朝から元気な方で、二言三言の会話で有ったが「この後、一日頑張るかぁ〜」なんて元気を貰って店を出た。

 

 
人間を眺めていると大きく、

 

 
「熱い熱量を持って周囲に注ぐ人間」

 

 

「冷えて周囲の熱量を削ぐ人間」

 

 

の二種類に大別出来る。

 

 
熱量を持つ人間はアクティブで能動的。

 

 
話すと解るが、どんな出来事が有っても常に出来る方法を考えている。

 

 

熱量を削ぐ人間はネガテイブで受動的。

 

 
会話の中に「でも…」「だって…」の語句を大量に挟み込む。常に出来ない理由を探している。

 

 
人間は日常生活の中で他人と接する事で無意識では有るが、少なからず影響を受ける。

 

 

自分の人生をより豊かに愉しく生きるならば、

 

 
「熱量を持った人間の側に意識して身を置く事」

 

 

が大切なのだ。

 

 
熱量を削ぐ人間の側に身を置くと自分自身の熱量を奪われ、下手すれば生命さえ無くなる事すら有る。

 

 
但し、熱量を持つ人間で在っても、気をつけなければならない人間もいる。邪悪な熱量を持つ人間が存在する…

 

 

その事については本日時間切れの為、次回記す事させて頂く…

タイトルとURLをコピーしました