忠暘院

忠暘院

住職ブログ

この記事をシェアする
高い目標を掲げる 2017年2月15日

生きていく上で高い目標を持つべきなのだ。

 

本来、他人から「そんな事は叶う訳ない…」なんて言われる筋合いなんて無いのだ。

 

「自分の人生の主人公は誰なのか?」

 

という考え方が基本である。

 
目標に近づく為に「今の自分に何が足りないか?」を常に考え、その「足り無いモノ」を補っていく繰り返しで人間は成長出来る。

 
そんな事を日々繰り返して行くと、ある日気がついた時にはスタート時の自分とは遠く離れた立ち位置に居る。

 
その頃には「生き方」「考え方」がすっかり変化しているハズだ。

 
その時に「慢心にならず謙虚になる」事が重要となる。

 
事を成した人間で有っても晩節を汚す人間は多い。

 

お迎えが来るギリギリまで、

 

高い目標を掲げ…

 

実行し続け…

 

常に謙虚で在り続ける事…

 

自分に常々言い聞かせていることでも有る。

<<ブログ一覧へ戻る